人と人、人と企業の架け橋に

サービス付き高齢者向け住宅とは

「サービス付き高齢者向け住宅」って何?どんな施設?
分かりにくい「サービス付き高齢者向け住宅」についてご説明いたします。

サービス付き高齢者向け住宅という制度ができた経緯

社会生活が変化するに伴い、家族の形も変化し、いわゆる核家族化が進んだのはみなさんもご存じかと思います。
高齢者の一人暮らしや夫婦のみの世帯が増え、今まで一軒家に住んでいた方が、賃貸のアパートやマンションへの住み替えを検討するという方が増えてきました。

その時に問題になったのが賃貸の「貸し渋り」。(貸さない理由はいろいろありますが…)この問題を解決するために、高齢者の方がスムーズに賃貸住宅を
借りられるようにとつくられたのが、「高齢者円滑入居賃貸住宅」(高円賃)というものです。
これは、高齢者の入居を拒まないという賃貸住宅です。(もちろん高齢者だけでなく若い方も入居できます。)

高円賃の中でも高齢者の方しか入居できないものが、「高齢者専用賃貸住宅」(高専賃)というものです。(高齢者の方しか入居できない。)
この高専賃の中でも、バリアフリー化や緊急通報装置設備を備える(その他基準あり)など、
高齢者の方が住むのに適した配慮がなされている賃貸住宅を「高齢者向け優良賃貸住宅」(高優賃)といいます。

このように、高齢者向けの賃貸住宅が数多くつくられ、その中身もお客さまからすれば、どこが違うのかわかりにくいという問題が出てきました。

そこで、もっとお客さまにわかりやすく住宅を提供しようということで、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」が
平成23年10月に改正、「高円賃」、「高専賃」、「高優賃」の3つが一本化され、できたのがサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)です。
サ高住というものは簡単に言えば「高齢者の方が住む賃貸住宅」です。しかし、名称に「サービス付き」と書いてありますので、お客さまは何かしらのサービスを受けることができます。

サービス付き高齢者向け住宅の「サービス」とは?

高齢者向けの住宅ということで、建物はバリアフリー仕様になっていたり、設備としてお部屋に緊急通報装置が設置されているなど、
サ高住として認められるにはいろいろと基準があります。サービスについても基準はありますが、法律上必ず提供しなければならないサービスは2つだけです。

ひとつは「安否確認」。これは1日に最低1回は入居者に声をかけて安否を確認します。

もうひとつは「生活相談」。これは入居者の日常生活など生活に関する相談を随時受け付けること。
相談に応じる時間は日中だけでも可。ただし、相談を受ける職員はヘルパー2級や介護福祉士など、福祉系有資格者であることが条件となっています。

その他のサービス

「食事サービス」「介護サービス」「家事援助サービス」「送迎サービス」「郵便・宅急便などの代行サービス」、「買物の代行サービス」「リハビリサービス」など、
これらのサービスは、法律上行わなければならないといった義務規定はありません。

サ高住を選ぶ上ではどういった設備を備え、どういったサービスを提供しているのか、その料金などを知る必要があるといえます。

「サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム」のサイトで詳しい料金が分かります。