人と人、人と企業の架け橋に
  • ホーム
  • クオーレ三光スタッフブログ

クオーレ三光スタッフブログ

サ高住について④

2013年1月25日 その他

こんばんは(^_^.)

 

今日はとっても寒かったですね!

 

夕方は雪がちらついてましたが、積もんなくてよかったです♪

 

 

今日も昨日の続き・・・

 

「サービス付き高齢者向け住宅」の

 

「サービス付き」の部分について(^_^)

 

 

高齢者向けの住宅ということで、建物はバリアフリー仕様になっていたり、

 

設備としてお部屋に緊急通報装置が設置されているなど、

 

サ高住として認められるにはいろいろと基準があります。

 

サービスについても基準はありますが、

 

法律上必ず提供しなければならないサービスは2つだけ。

 

 

ひとつは「安否確認」

 

これは、1日に最低1回は入居者に声をかけて安否を確認する、これだけ。(記録は必要)

 

 

もうひとつは「生活相談」

 

これは、入居者の日常生活など生活に関する相談を随時受け付けること。

 

相談に応じる時間は日中だけでも可。ただし、相談を受ける職員は

 

ヘルパー2級や介護福祉士など、福祉系有資格者であることが条件。

 

 

以上2つだけです。

 

 

その他のサービスについて何を提供するかは、貸主が決めて良いのです。

 

(もちろんお客様に有益なサービスでなければ認められませんけど・・・)

 

サービスを提供し、お客さまからいただく対価の設定も常識範囲内で自由です。

 

(常識範囲内でなければ、だれもそのサービスを利用しないだろうし・・・)

 

 

ということで、そこがどのようなサービスを提供しているのか、

 

また、その料金がいくらなのか というところは

 

お客様にとってはサ高住を選ぶうえで重要な要素であり、

 

サービスを提供する側にとっては、他のサ高住との違い(独自性)を出せるところです。

 

入居を検討されている方は、どういったサービスを提供しているのか必ず確認しましょう(^_^)

 

 

ちょっと長くなってきたので、今日はココまで。

 

明日からはサ高住の中身をもう少し細かく説明したいと思います♪

 

それではまた明日(^_^)/